アトピーに適した保湿剤

肌のバリア機能が損なわれた状態で、外部から異物が侵入したり、細菌が繁殖したりすると、強いかゆみを感じてついつい掻きむしってしまいます。掻きむしるということは、角質層に大きなダメージを与えることになるため、より乾燥して炎症を起こしやすい状態となります。アトピーの人の保湿には、まずこの肌表面をしっかりと保護するタイプのものが必要となります。皮脂膜と同様の機能を果たして肌の表面をコーティングして、水分の蒸発や異物侵入を防いでくれるものとしては、肌の内部まで浸透することのないワセリンがおすすめです。

ワセリンで皮膚に蓋をしたら、その次は減少している水分量を元に戻さなければなりません。皮膚の水分を維持するための保湿剤には、3つのタイプがあります。外気に存在する水分を吸着して保湿するための成分が配合された保湿剤には、グリセリンなどがあります。角質層や肌表面で水分を抱え込んで保湿してくれるものには、1gで6ℓもの保水力があるヒアルロン酸やコラーゲンなどが有名です。角質層の細胞間脂質の層の隙間に水分を挟み込んで保湿するものには、セラミドがあります。

また、肌の浸透力を高めるアトピーケア化粧品などもありますので、いつもの化粧水と乳液などの保湿ケアの前に使用してあげることで、より保湿効果が高まり、維持できるようになるでしょう。現在、病院の治療を受けていて外用薬を使用している場合は、医師に相談のうえ、薬を塗った上から保湿するといいでしょう。

 

Comments have been closed/disabled for this content.