アトピーに乾燥は大敵と言われています。健康な肌には、一番外側の皮脂膜、その下の角質層と二段重ねで肌のバリア機能を発揮しており、肌に必要な水分を抱え込んで蒸発しないようにして乾燥肌になることから守ってくれています。しかし、アトピーになるとバリア機能が働かないため、常に肌から水分が奪われる状態となり、乾燥しやすくなります。肌の潤いを保つためには、皮脂や角質細胞間脂質、天然保湿因子が必要であると言われていますが、アトピーにかかるとこれらの物質が不足した状態になります。乾燥することによってアトピーの症状が悪化するという悪循環を断ち切るためには、潤いを与えるために、肌の外から不足した物質を補うスキンケアが必要となります。

アトピーになると、角質層にトラブルを生じ、水分を保持する力が弱くなります。細胞間脂質の主成分であるセラミドが減少していることが多く、乾燥しやすいとともに異物の侵入や刺激に弱い皮膚の状態になっていると考えられます。皮膚を保湿することは症状の緩和や予防のために必要不可欠なこととなります。保湿には、肌の表面を保護して異物の侵入、水分の蒸発を防ぐもの、肌の水分を抱え込んで維持するものの2種類があります。